看護部
ページ名

看護部

看護部紹介

看護部長挨拶

看護部理念

専門的知識と技術、そして温かい心で、患者さま中心の看護を提供します。

甲南病院は、地域に愛され人に優しい医療を目指し、皆様に信頼される病院づくりに取組んでいます。看護部理念に沿って専門的な知識・技術を有する人材育成と、多職種連携と協働を深め、患者さん中心の看護を提供しています。また、高齢社会にも対応できる体制も整え、地域包括ケアシステムの参画に努め、急性期・慢性期を問わず患者さんに笑顔と元気を提供し、快適でより良い療養生活を送れるように努めています。
患者さんが安心して来院され安心して帰宅できるように、また看護スタッフ全員が看護師になってよかった、看護師大好きと思える職場環境作りにも心がけています。
また、子育てしながら働き続けられるように保育所の設置等の福利厚生にも力を入れています。

副看護部長

各部署の統括や医療安全も含めて幅広く担当しています。
医療を受けながら療養されている患者さんの気持ちに寄り添い、共に安らげる場を作れるよう努力しています。又、地域のみなさんとの交流の場を多く持ち、健康のお手伝いができるよう取り組んでいます。
院内では主に医療安全対策に関わっており、医療の高度化に伴い業務が多様化や煩雑化する中で、患者さん中心の医療が安心して受けて頂けるよう、スタッフ一丸となって活動を行っています。

3A病棟

3A病棟 目標

  • 質の高い、アセスメントに基づいた治療・看護を提供出来るようスタッフ全員で学習していきます。
  • 医療安全への意識向上を図り、安全で安心できるケアを提供します。
  • 受け持ち看護師の役割を強化し入院から退院まで、患者、家族のサポートを行います。

3A病棟師長

循環器疾患をメインにしながら、消化器外科・内科・整形外科・一般内科と幅広く看護させて頂いています。患者さんが安全で安心した入院生活が送れるよう、また寄り添った看護が提供出来るようスタッフ一同日々学習し、自己啓発に努めています。チームワークは抜群で明るく元気な病棟です。

2A病棟

2A病棟 目標

  • 患者さんが住み慣れた環境で、安心と満足のいく治療が受けられる様、個別性のある看護計画を立案・実施します。
  • 入院直後からメディカルスタッフと協働し、患者さんの「その人らしさ」を反映した退院支援を実施します。
  • 患者さんのADLを定期的に評価し、現状に合ったケアの提供と環境調整に努めます。

2A病棟師長

整形外科と消化器外科を中心とした混合一般病棟です。平成27年1月に20床の地域包括ケア病床も開設しました。
ご高齢の患者さんも多い病棟で在宅復帰に向けた早期支援も行っています。心のこもった看護!患者さんとご家族、スタッフが同じ目標に向かってがんばっています。

2B病棟

2B病棟 目標

  • 患者さんが安心して療養できる環境の提供
    ・抑制最小限に向けた取り組み
    ・皮膚脆弱な患者さんの皮膚ケアの向上
  • 質の高い看護の提供
    ・入院関連機能障害(HAD)の予防
    ・デスカンファレンスにて看護の振り返り
  • 根拠に基づいた看護・ケアの提供
    ・SOAPの記録の定着、アセスメント力のUP

2B病棟師長

2B病棟は医療療養型病棟で、急性期の治療を終えても、医療依存度が高く、長期療養が必要な患者さんがおられます。またリハビリや退院に向けた準備が必要な患者さんがおられ、多職種と連携を取りながら在宅復帰を支援しています。
当病棟は長期入院やベッド上での療養生活を過ごされている患者さんが多いため、少しでも楽しみや安心感をもって過ごして頂けるよう、季節ごとの行事や院内デイケアなど取り入れています。
患者さんの笑顔のあふれる看護・介護の提供ができるように頑張っています。

2C病棟

2C病棟は点滴・酸素など医療的な事が必要な方や退院に向けてリハビリを継続する等幅広いケアが必要な患者さんが入院されている病棟です。
その中で患者さんが安心して穏やかな入院生活が送れるように壁一面花を飾り、季節感を大切にしています。
私たちのモットーは尊厳を考えいつも笑顔忘れずに!スタッフみんなが力を合わせてケアに取り組んでいます。

2C病棟 目標

  • 入院患者さんが安心して生活できるよう季節感を大切にした環境の提供をします。
  • 点滴や酸素吸入など医療処置から退院に向けてのリハビリテーションの支援まで幅広く看護を提供し、患者さんの生活を支えます。

2C病棟副師長

私たちのモットーは患者さんの尊厳を考えいつも笑顔を忘れず、スタッフみんなが力を合わせてケアに取り組んでいます。

患者さんの作品

外来・中央手術

外来目標

患者さんに寄り添った視点での関わりを心がけ、専門職種との強化による「質」の向上を目指し、入院・外来・地域それぞれをつなぐ安心の架け橋となる外来看護に努めます。

外来師長

地域のみなさまの窓口となるセクションとして患者さんの多様なニーズを察知できるように心がけています。手術室・カテーテル室・内視鏡室・中央材料室・訪問診療・健診・救急も管轄し専門性を高め安心安全な医療を提供しています。外来から入院、そして在宅へと連携を取り、一貫したケアをさせて頂いています。

資格

  • 消化器内視鏡技師 1名
  • 日本糖尿病療養指導士 1名
  • 滋賀県糖尿病療養指導士 1名

透析センター

血液浄化センター目標

  • 患者さんの状態を把握し、医師と共に患者さんに合った透析を提供します。
  • スタッフ間のチームワークを深め明るい透析室を目指します。

私達は患者さんとの信頼関係を大切にし、患者さんと共に快適な透析を受けて頂けるよう努力しています。

認知症サポートリーダー

超高齢社会をむかえ、当院でも認知症患者さんが増加しています。平成26年11月からもの忘れ外来が開設され、認知症患者さんの入院生活や退院時などの関わりをしています。
入院患者さん対象の「ひだまり」というディルームも平成27年5月開催致しました。
認知症があっても、その人らしさのある安心できる環境作りを目指しています。

継続教育について

教育委員会では看護職員を8つの経年別と専門領域にわけ、それぞれの経験に応じたプログラムでサポートしています。

各部署から教育委員1名が参加し、毎月委員会を開催しています。

それぞれ上記の担当に分かれ、企画・実施・評価を行い、看護職員が看護の原点を忘れないように振り返りながら、いきいきと働ける環境を整えています。
同時にeラーニングを行いながら、最新の看護技術の習得に励んでいます。

院内、院外の研修参加を推進し、社会の動向や変化についていけるよう知識の習得にも力を入れています。

パール研修

新人看護職員入職時オリエンテーション

今年の4月には9人の新人ナースがやってきました。
あたたかな風と共にやってきた新人ナースは、やる気いっぱいで1日も早く患者さん方のお力になれるように、日々がんばっております。

パール研修は年3回行います。
1回目の研修では、学生から社会人となった今の環境との違い、ギャップ、戸惑いや悩みについて共有し頑張っている事、工夫している事についても話し合いました。
2回目は心身ともにリフレッシュを目的に院外研修として成田牧場に行きました。
3回目は一年間の振り返りを行いました。次年度に向けての目標を新たにし、次のステップへ進みます。

プリセプ研修

新人教育を身近でおこなってくれたプリセプターも、自分たちの指導を振り返ることでお互いの成長を共に感じました。

ガーネット研修

ガーネット研修

アクアマリン研修

アクアマリン研修

ルビー研修

ルビー研修

サファイア研修

サファイア研修

エメラルド研修

エメラルド研修

ダイヤモンド研修

ダイヤモンド研修
甲南病院
〒520-3321 滋賀県甲賀市甲南町葛木958
TEL:0748-86-3131
メールでのお問い合せはこちら
Copyright (C) 甲南病院 All Rights Reserved.