整形外科・形成外科
ページ名

整形外科

整形外科では、外傷(打撲、切り傷、ねんざ、骨折)や加齢変化による肩こり、頚部痛、五十肩、腰痛、膝痛、手足のしびれなどに対し、まず投薬、リハビリテーションなどから治療を開始し、装具療法、ヒアルロン酸注射、点滴を行い、十分効果が得られない方には手術療法を行っております。
骨粗鬆症に対しても検査が可能で、骨のぜい弱化の予防につとめています。
また、関節リウマチには、内服薬から新しい生物学的製剤まで幅広く治療を行っています。

手術療法について

骨折は症例にもよりますが、全般に手術が可能です。早期リハビリを行い、損なわれる機能を最小限に抑えることを目標に行っています。

  • 関節の変形に対して骨切り術、人工関節置換術。
  • 腰椎疾患に対して、椎弓切除術や脊椎固定術。
  • 頸椎疾患に対して、椎弓形成術など。
  • 肩の腱板断裂に対して、鏡視下腱板修復術。
  • 末梢神経疾患に手根管開放術、神経移行術。
  • ほか小手術(嵌入爪、ばね指、小さなできものの切除など)。

これら手術を行うことにより、患者さまの痛みをできるだけ少なくし、生活の質を一層向上させるように取り組んでいます。運動器に不安がある方はご相談ください。

形成外科

形成外科は体表面に生じた変形、欠損、整容的な不満に対して様々な手法を駆使し、形態の回復を図る外科の専門分野です。具体的には皮膚皮下腫瘍、指、耳などの奇形、眼瞼下垂、顔面の骨折、やけど、褥瘡、皮膚潰瘍、傷跡のひきつれ、ケロイド、巻爪、腋臭症、美容外科などです。日本の診療科では最も新しい形成外科です。
今までどうしようもなく諦めていた身体の整容的問題が形成外科的治療で少しでも解決できないでしょうか。

医師紹介

副理事長
磯矢 英士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形学会認定脊椎脊髄医
  • 日本整形学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本リウマチ学会認定医
森 幹士
  • 平成7年 滋賀医科大学卒業
  • 日本脊椎脊髄病学会評議員・指導医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門
得意分野
脊椎・脊髄疾患
院外役職
滋賀医大整形外科 講師
脊椎チーム チーフ
患者さんへ
上記の分野は診断をつけることがとても重要です。
当院は、MRIやCT等これらに必要な画像検査が行えます。
手足のしびれ、手の細かい作業ができない、歩行障害等でお困りの際にはご相談下さい。
児玉 成人
  • 滋賀医科大学 平成7年卒 助教
得意分野
手の外科、足の外科、
腫瘍、末梢神経疾患
院外役職
日本手外科学会代議員
日本マイクロサージャリー学会評議員
日本骨折治療学会評議員
近畿手外科症例検討会世話人
京滋手外科セミナー世話人
近畿足の外科症例検討会世話人
日本整形外科学会・日本手外科学会 橈骨遠位端骨折ガイドライン策定委員
  • 日本整形外科学会 (整形外科専門医)
  • 日本整形外科学会 (認定リウマチ医)
  • 日本整形外科学会 (認定脊椎脊髄病医)
  • 日本整形外科学会 (認定運動器リハビリテーション医)
  • 日本リウマチ学会 (リウマチ専門医)
  • 日本手外科学会 (専門医)
吾妻 隆久
  • 京都府立医科大学卒業
得意分野
眼瞼・手の外科
  • 整形外科専門医
  • 形成外科専門医
患者さんへ
眼瞼下垂(まぶたが重い、見えにくい)はお任せ下さい。
久保 充彦
専門分野
膝関節疾患・スポーツ外傷整形外科の骨軟部
主に行っている手術
人工膝関節置換術、
関節鏡下半月板縫合・切除術
患者さんへ
スポーツをしている子供から高齢者まで、全ての膝関節の痛みがある方は、ぜひ受診してください。
彌山 峰史
専門分野
脊椎、脊髄疾患
主に行っている手術
頚椎椎弓形成術、腰椎椎間板ヘルニア切除術、腰椎部分椎弓切除術など
患者さんへ
脊椎疾患に由来する症状は様々です。
適切、的確な治療を心がけて診療させていただきます。
髙村 裕史
専門分野
整形外科一般
主に行っている手術
骨折など
患者さんへ
地域の皆様のために日々努力させていただきます。
 
寺本 道雄
専門分野
外傷(骨折、捻挫等)・人工関節
主に行っている手術
骨折・人工関節
患者さんへ
関節痛、神経痛、けがなどの治療に全力を尽くします。
甲南病院
〒520-3321 滋賀県甲賀市甲南町葛木958
TEL:0748-86-3131
メールでのお問い合せはこちら
Copyright (C) 甲南病院 All Rights Reserved.